唐津焼〆 扁壺 qy007トチン呼継 朱塗金蒔絵

KINTSUGI
KINTSUGI

Tsuruta Yoshihisa

唐津焼〆扁壺が焼成中窯の中で取っ手が外れて焼き上がり、取っ手の代わりに古唐津時代(約400年前)のトチンを呼継ぎで合わせ、朱塗りと金蒔絵を施しました。

You might also enjoy

白磁指輪依頼品

陶磁器で出来た指輪の金継ぎ依頼品です。接着部分が小さいので太めの金継ぎにしています。金筋がアクセントになって面白くなっています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。