備前唐津 叩 扁壺 花入 qy008 ガラス呼継金銀水草蒔絵

KINTSUGI
KINTSUGI

Tsuruta Yoshihisa

備前唐津 叩き 扁壺花入が窯の焼成中に片面が割れて焼き上がり、その部分を取り除き代わりにガラスを呼継ぎし、の中には初期伊万里時代の焼成状態を再現しトチンとぐい呑を取り合わせ、ガラス面には水草などを金銀蒔絵を施しています。

You might also enjoy

白磁指輪依頼品

陶磁器で出来た指輪の金継ぎ依頼品です。接着部分が小さいので太めの金継ぎにしています。金筋がアクセントになって面白くなっています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。