備前唐津 叩き 扁壺花入 ガラス呼継 金銀蒔絵

備前唐津 叩き 扁壺花入が窯の焼成中に片面が割れて焼き上がり、その部分を取り除き代わりにガラスを呼継ぎし、器の中には初期伊万里時代の焼成状態を再現しトチンとぐい呑を取り合わせ、ガラス面には水草や手長海老などを金銀蒔絵を施しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.