初期伊万里祥瑞福寿紋鎬半筒茶碗。大きく割れた同じ形状の半筒茶碗を呼継ぎし陶片が欠けて足らない部分を樹脂で埋め固め、生地を赤黒く塗り金銀蒔絵で元の茶碗の絵柄「祥瑞」を描き装飾しています。陶片同士を繋ぎ合わせ一つの作品に復活させ使うのが日本人の楽しみのようです。