初期伊万里 山水紋 沓形 茶碗 skc02 修復呼継銀蒔絵

初期伊万里山水紋沓茶碗。大きく欠けた高台付の陶片に焼き上がりに絵柄・形状などの 同じような 陶片を呼継ぎで修復し足りない部分は樹脂で固め、黒レジンで瑠理つぶしその上に陶片と同じような絵柄山水画を金銀蒔絵を施しています。
元々は真円の器でしたでしょうが呼継ぎの関係上沓形になってしまい、それもまた味わいの一つになりました。

初期伊万里 唐草文様 天目形 茶碗 stc03 修復金継金銀蒔絵<< >>初期伊万里 祥瑞 福寿紋 鎬 半筒 茶碗 shc01 修復呼継銀蒔絵

About the author : KINTSUGI