初期伊万里碗形茶碗。いくつかに割れた陶片を金継して大きく焼き切れし裂けた亀裂の跡を樹脂で埋め漆黒で塗りつぶしその上に金で蒔絵を施しています。よって傾いた変形茶碗に仕上がり見込みの中の焼き切れが景色として面白みを醸し出しています。