初期伊万里茶碗、同じ絵柄の別々の器を合わせた呼継ぎの修復で復刻されています。陶片を合わせて欠けている部分は樹脂で埋め赤黒いレジンで埋め尽くし金の蒔絵が施されています。

高台脇の削りが手がかりである段を付けてあるので茶碗に作られてあろうが焼き切れで捨てられたのだろうが二個で一つに復活されて茶碗として使われます。