古唐津絵唐津草紋平皿。口縁部分が大きく5割欠けている部分を樹脂で埋め込み形を復元し漆黒で塗り込みその上に金の蒔絵で唐草を施しています。
普通の参考品になる陶片が口縁部分が復刻することにより立派な皿に見えることが金継ぎ(修復)の果たす役割を示す見本のような品です。