備前唐津 叩 扁壺 花入 qy009 ガラス呼継金銀海老蒔絵

KINTSUGI
KINTSUGI

Tsuruta Yoshihisa

備前唐津 叩き 扁壺花入が窯の焼成中に片面が割れて焼き上がり、その部分を取り除き代わりにガラスを呼継ぎし、器の中には初期伊万里時代の焼成状態を再現しトチンとぐい呑を取り合わせ、ガラス面には水草や手長海老などを金銀蒔絵を施しています。

You might also enjoy

KINTSUGI Bonnie Kemske 著書

 イギリスの作家Bonnie Kemske女氏が出版された本「KINTSUGI」に掲載して頂きました。たまたまの取材旅行で立ち寄られ取材して頂きました。Bonnie Kemske女氏は陶芸家でもありユニークな作品を作られ