初期伊万里茶碗。
高台から二つに割れている陶片を繋ぎ合わせ他の陶片は使わず欠けた部分を樹脂で埋め茶碗の形状を作り出して復元させ、朱塗りの施し金で蒔絵をした作品。
元々の欠陥部分が大きく復元させているが味わい深いものになっている。