初期伊万里の絵皿に割れていた部分は銀次で施し、欠けて失われている部分を別の陶片を繋ぎ、その部分を金で水草を蒔絵で施しています。