黒唐津 金継ぎ 片口 茶碗 鶴田純久作_ytog016

前に戻る

見出し:HISASIH.SHOP
作品名:黒唐津 金継ぎ 片口 茶碗 鶴田純久作
品番:ytog016
◇寸法 長径:約16.1センチ × 高さ:約8.8センチ 重さ:約370グラム

お買い上げは此方へ

作品名:黒唐津 金継ぎ 片口 茶碗 鶴田純久作
◇唐津ならではの片口の茶碗、昔は酒や油など大きい容器から小さい容器に移し替える道具として使われてきた片口ですが茶碗に関しては装飾の意味を持っています。
◇砂毛の多い土で製作し、口は玉縁、片方に口を付けて、やや深みのある器に、全体を黒の釉薬で覆い、所々に窯変の変化が見えます。
◇正面に窯の中で破損した所を金継ぎが施され蒔絵も描かれています。