金継ぎ

金継ぎ Kintsugi 佐賀県有田町泉山 庵久 金継ぎとは破損した陶磁器やガラス・漆器などを修復し復元する技術で、ひび割れた部分などの水漏れとニュウ(ヒビ)の進行を防ぎ、破片が無く欠けた部分を穴埋めしたり、さらに修復された部分を美術的な観点より金粉(消粉)を蒔くことを言います。
Toggle navigation

金継ぎ~奇跡のかけら~

 窯から出されると茶碗はすぐに投げ捨てられて割れた。出来損ないと言われた。ただの一度も使われなかった。雨に打たれ、風にさらされていつか土の中に埋もれた。四百年間、眠った。
 ある日、鍬が当たって地表に出た。畑の邪魔もんと呼ばれた。一人の男に拾い上げられた。初めて洗われた。
 次に目が覚めたとき、かけらとかけらはきれいに継ぎ合わされていた。やさしく手に包まれる。だれもが大事に扱ってくれる。
 茶碗として生きる、と決めた。これから百年、二百年と生きてやる。

宮内 図書

金継ぎとは

 本来、金継ぎとは破損した陶磁器やガラス・漆器などを修復し復元する技術で、ひび割れた部分などの水漏れとニュウ(ヒビ)の進行を防ぎ、破片が無く欠けた部分を穴埋めしたり、さらに修復された部分を美術的な観点より金粉(消粉)を蒔くことを言います。
 昔は金具の鎹(カスガイ)で止めることから始まり、日本では古くから漆による工芸が発達していて、ヨーロッパでは「Japan」と漆の代名詞になるほどで、その手法を取り入れ接着やコーティングし金を蒔くという技法が発展したのだと思います。
金を蒔かずに着色料で疑似塗装を行うことを金継ぎと判別して共修理・共修復と言われていました。
 また、金は体に無害とされ古くより他の金属と区別し、茶道や懐石の食器など口にする器などに多く使われているようです。

 当サイトでは従来の漆(うるし)を使わず、現代最新技術の合成樹脂レジン(エポキシ樹脂)を使った金継ぎを行っています。従来の漆をレジンに置き換えての技術で行っています。金粉(消粉)・弁柄・炭などの材料は従来のものを使っております。

説明

金継ぎ Kintsugi

本来、金継ぎとは破損した陶磁器やガラス・漆器などを修復し復元するためやひび割れた部分などの水漏れと進行を防ぎ、欠けた部分を穴埋めしたり、さらに修復された部分を美術的な観点より金粉を蒔くことを言います。

金継ぎの歴史

日本の重要文化財に平安時代末期に中国から伝来した茶碗があります。銘「馬蝗絆」(バコウハン)といいますが、室町時代に将軍足利義政(在位1449~73)が所持するところとなりましたが、

漆・朱漆・蒔絵の歴史

9000年ほど前の縄文時代早期前半(約9000-8000年前)、北海道垣ノ島遺跡から土坑墓の埋葬された痕跡から漆を塗った赤い糸で編んだ装飾品、髪飾り、腕輪、肩当てのようなものが発見され、

金継ぎ手順

先に申し上げておいた方が良いかと思いますが、金継ぎとは金を流し込んで接着するのでは無く、そのほとんどが接着剤(漆・樹脂・合成樹脂)などで修復作業を行い、最終的に修復した箇所を金で蒔くという手順になります。

金継ぎが出来るまで

陶片の破片を組立から金継蒔絵までご覧いただけます。

金継ワークショップ

金継ワークショップを行っております。
日数は掛かりますが器の持ち込みでの作業も可能です。

金継ぎ工程

金継ぎの工程を画像と説明

金継作業工程動画

金継の作業工程の動画や説明
パスワード入力観覧

お問い合わせ

The kintsugi
庵久:鶴田純久

住所:佐賀県西松浦郡有田町泉山1-28-23
電話:0955-43-2764
E-MAILアドレス:info@kintsugi.work

address:1-28-23 Izumiyama, Arita-cho, Nisimatsura-gun, Saga-ken, JAPAN
TEL:0955-43-2764
EMAIL:info@kintsugi.work

 ロボットでない確認のためチェックを入れて下さい。