初期伊万里 福寿紋 鎬 半筒茶碗

初期伊万里祥瑞福寿紋鎬半筒茶碗。大きく割れた同じ形状の半筒茶碗を呼継ぎし足らない部分を樹脂で固め金銀蒔絵で装飾しています。陶片同士を繋ぎ合わせ一つの作品に復活させ使うのが日本人の楽しみのようです。

初期伊万里 山水紋 沓形茶碗

初期伊万里山水紋沓茶碗。大きく欠けた部分に度何ような焼き上がりに絵柄・形状などの陶片を呼継ぎで修復し足りない部分は樹脂で固め金銀蒔絵を施しています。

初期伊万里 唐草文様 天目形 茶碗

初期伊万里唐草紋天目形茶碗。大きく欠けた部分を同じ形状の同じ紋様の陶片を用い呼継ぎで足りないところを樹脂で埋め 修復されています。樹脂で埋めたところには金で蒔絵が施されています。

初期伊万里 唐草紋 碗形 茶碗

初期伊万里唐草紋碗形茶碗。大きく割れ欠けたところを同じ絵柄の同じ形状の陶片を呼継ぎし金継で修復されてあります。大きく埋められた修復の跡に金の蒔絵が施されています。

初期伊万里 草紋 碗形 茶碗

初期伊万里碗形茶碗。大きく焼き解して裂けたまま捨てられてあったのを亀裂の跡を樹脂で埋め漆黒で塗り金で蒔絵を施しています。破れの乗じているところは金継で修復されています。

初期伊万里 窓越紋 碗形 茶碗

初期伊万里茶碗、同じ絵柄の別々の器を合わせた俗に言う呼継ぎの修復で復刻されています。高台脇の削りが手がかりである段を付けてあるので茶碗に作られてあろうが焼き切れが有り捨てられたのだろうが二個で一つに復活されて茶碗として使