宮内 図書 金継ぎ~奇跡のかけら~

KINTSUGI
KINTSUGI

Tsuruta Yoshihisa

作家、宮内さんより作って頂いた「金継ぎ~奇跡のかけら~」
金継ぎされた茶碗に成り代わって表された思い。
感動の言葉です。

金継ぎ~奇跡のかけら~

 窯から出されると茶碗はすぐに投げ捨てられて割れた。出来損ないと言われた。ただの一度も使われなかった。雨に打たれ、風にさらされていつか土の中に埋もれた。四百年間、眠った。
 ある日、鍬が当たって地表に出た。畑の邪魔もんと呼ばれた。一人の男に拾い上げられた。初めて洗われた。
 次に目が覚めたとき、かけらとかけらはきれいに継ぎ合わされていた。やさしく手に包まれる。だれもが大事に扱ってくれる。
 茶碗として生きる、と決めた。これから百年、二百年と生きてやる。

宮内 図書

KINTSUGI – Miraculous Shards

Right after I was born in fire, I was thrown to the ground and broke into pieces. The ancient potter who created me decided I was inferior, and should never be used.

So, I lay on the ground, pelted by rain and wind, and then buried in the soil for 400 years.

Then one day, a hoe hit me, and I popped out of the ground. I was being called a nuisance in the rice field, and was tossed to the side.

But after a while, a man picked me up and took me home, then washed me.
When I next woke up, other Chawan pieces were being joined with me using gold to create a beautiful new gilded Chawan – me.

Now, people cherish me. And I’ve decided that I’m going to live for another one or two hundred years or maybe forever.

Miyauchi

You might also enjoy

KINTSUGI Bonnie Kemske 著書

 イギリスの作家Bonnie Kemske女氏が出版された本「KINTSUGI」に掲載して頂きました。たまたまの取材旅行で立ち寄られ取材して頂きました。Bonnie Kemske女氏は陶芸家でもありユニークな作品を作られ