初期伊万里 祥瑞 福寿紋 鎬 半筒 茶碗 shc01 修復呼継銀蒔絵

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 古作金継作品

初期伊万里祥瑞福寿紋鎬半筒茶碗。大きく割れた同じ形状の半筒茶碗を呼継ぎし陶片が欠けて足らない部分を樹脂で埋め固め、生地を赤黒く塗り金銀蒔絵で元の茶碗の絵柄「祥瑞」を描き装飾しています。陶片同士を繋ぎ合わせ一つの作品に復活させ使うのが日本人の楽しみのようです。

初期伊万里 山水紋 沓形 茶碗 skc02 修復呼継銀蒔絵

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 古作金継作品

初期伊万里山水紋沓茶碗。大きく欠けた高台付の陶片に焼き上がりに絵柄・形状などの 同じような 陶片を呼継ぎで修復し足りない部分は樹脂で固め、黒レジンで瑠理つぶしその上に陶片と同じような絵柄山水画を金銀蒔絵を施しています。
元々は真円の器でしたでしょうが呼継ぎの関係上沓形になってしまい、それもまた味わいの一つになりました。

初期伊万里 唐草文様 天目形 茶碗 stc03 修復金継金銀蒔絵

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 古作金継作品

初期伊万里唐草紋天目形茶碗。大きく欠けた部分を同じ形状の同じ紋様の陶片を用い呼継ぎで修復し、陶片が無く足りないところを樹脂で埋め赤黒いレジンで塗りつぶし銀で蒔絵が施されています。

初期伊万里 唐草紋 碗形 茶碗 swc05 修復呼継金蒔絵

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 古作金継作品

初期伊万里唐草紋碗形茶碗。高台が残り大きく割れ欠けた陶片を母体として同じ絵柄や同じ形状の陶片を呼継ぎし金継で修復されてあります。陶片が無く大きく欠けた部分には樹脂で埋められレジンで塗り修復されその上に金の蒔絵が施されています。

初期伊万里 草紋 碗形 茶碗 swc04 修復金蒔絵

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 古作金継作品

初期伊万里碗形茶碗。いくつかに割れた陶片を金継して大きく焼き切れし裂けた亀裂の跡を樹脂で埋め漆黒で塗りつぶしその上に金で蒔絵を施しています。よって傾いた変形茶碗に仕上がり見込みの中の焼き切れが景色として面白みを醸し出しています。

初期伊万里 窓越紋 碗形 茶碗 swc06 修復金継呼継金蒔絵

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 古作金継作品

初期伊万里茶碗、同じ絵柄の別々の器を合わせた呼継ぎの修復で復刻されています。陶片を合わせて欠けている部分は樹脂で埋め赤黒いレジンで埋め尽くし金の蒔絵が施されています。

高台脇の削りが手がかりである段を付けてあるので茶碗に作られてあろうが焼き切れで捨てられたのだろうが二個で一つに復活されて茶碗として使われます。

古唐津 絵唐津 草紋 平皿 kes02 修復金蒔絵

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 古作金継作品

古唐津絵唐津草紋平皿。口縁部分が大きく5割欠けている部分を樹脂で埋め込み形を復元し漆黒で塗り込みその上に金の蒔絵で唐草を施しています。
普通の参考品になる陶片が口縁部分が復刻することにより立派な皿に見えることが金継ぎ(修復)の果たす役割を示す見本のような品です。

古唐津 絵唐津 松紋 四方 向付 kem02 修復金銀蒔絵

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 古作金継作品

松浦唐津焼山古窯の作品で典型的な向付の造りでやや大ぶりの向付です。
参考品のための陶片で有りましたが、四割ほど欠けた部分を樹脂で埋めて復活させ漆黒のレジンで塗りつぶしその上に金銀の蒔絵を施しています。
四割程無かった部分を復活させることで向付に使えるようになる金継ぎの役割は良き技術と思います。

古唐津 無地唐津 溝縁 平皿 kms01 金継呼継

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 古作金継作品

平戸唐津系で縁周りに溝が付いた平皿で無地の古唐津皿。
同じような陶片を用い呼継ぎを施し金継ぎで仕上げてあります。
不良品として物原に捨てられ人の手に渡らず四〇〇年の歳月を経て金継ぎの技術で復活し世に出た器です。